ページトップ
TNCメニュー

これまでの放送内容

2018年2月17日(土)

高校の「朝課外」は必要か?福岡県内のほとんどの県立高校で実施されている始業前の早朝授業。本来、参加は希望制のはずなのに実際は事実上の「強制」に。朝課外を考える。

高校で始業前の早朝に行われる「朝課外」や「0時限目」と呼ばれる授業。実は、福岡特有の文化?とも言われている。こうした朝課外は、50年も前から実施されている制度で普通科のある県立高校では、約9割が実施している。本来、この朝課外への参加は希望 制であるにも関わらず、実際は「出席して当然」の強制になっていることが、今、高校の関係者の間で議論となっている。果たして、朝課外は必要なのか?教育現場を取材した。

出演者:【キャスター】 田久保尚英 角田華子 【レポーター】 前畑静香 【追跡コーナー担当】 川崎健太ディレクター 【レギュラーコメンテーター】 宮崎昌治(西日本新聞社会部長) 和栗百恵(福岡女子大学 准教授【スポーツコーナー】 池田親興(テレビ西日本野球解説者) 安枝新悟(西日本新聞スポーツ本部長) 【ナレーション】 児玉育則 石原佳代子

2018年2月10日(土)

自衛隊のヘリが佐賀県内の住宅地に墜落、炎上した事故は、福岡県柳川市の住民たちをも不安にさせている。柳川市の上空も自衛隊ヘリの飛行ルートに入る計画があるからだ。

今月5日、自衛隊のヘリコプターが佐賀県神埼市の住宅地に墜落、炎上した事故は、地元、福岡県柳川市の住民たちをも不安にさせている。事故を起こしたヘリが所属するヘリ部隊は、自衛隊が導入を進める新型輸送機オスプレイと共に、近く佐賀空港に移転・配備される計画で、柳川市の上空も飛行ルートに入っている。佐賀空港の自衛隊利用を容認していた市民の中にも『慎重に検討していくべき』と態度を変える人たちも出てきている。

出演者:【キャスター】 田久保尚英 角田華子 【レポーター】 矢野美沙 【追跡コーナー担当】 川崎健太ディレクター 【スペシャルゲスト】 奥薗秀樹(静岡県立大学大学院准教授) 【レギュラーコメンテーター】 宮崎昌治(西日本新聞社会部長) 林田暢明(コラムニスト) 田坂幸(弁護士)【スポーツコーナー】 池田親興(テレビ西日本野球解説者) 安枝新悟(西日本新聞スポーツ本部長) 【ナレーション】 児玉育則 石原佳代子

2018年2月3日(土)

最近、福岡などで相次ぐ野菜の盗難事件。 手口は巧妙で「プロの犯行か?」「同業者か?」などと疑念の声も。大量の野菜はどこへ?青果物の流通事情の実態も含め徹底取材。

最近、福岡などで相次ぐ野菜の盗難事件。農家からは「丹精込めてつくった野菜をなぜ?こんなことをされると何のために頑張ってきたのか。生産意欲が削がれる!」と、悲痛な叫びが聞かれる。その手口は巧妙で、関係者からは「プロの犯行か?」その後の売りさばきを考えると「同業者ではないか?」との疑念も浮かんでくる。大量の野菜はどこへ消えたのか?ほとんど知られていない意外な青果物の流通事情の実態も含め、徹底取材したほか

出演者:【キャスター】 田久保尚英 角田華子 【追跡コーナー担当】 川崎健太ディレクター 【スペシャルゲスト】 青木理(ジャーナリスト) 【レギュラーコメンテーター】 宮崎昌治(西日本新聞社会部長) 和栗百恵(福岡女子大学 准教授)【スポーツコーナー】 池田親興(テレビ西日本野球解説者) 安枝新悟(西日本新聞スポーツ本部長) 【ナレーション】 児玉育則 石原佳代子

2018年1月27日(土)

かつてなく政治色が強まっている韓国・平昌五輪。五輪史上初となる合同チームの編成など南北融和を懸命に演出したい文政権に対し韓国世論の本音は?高英起氏が裏話を解説。

かつてないほど政治色が強まっている韓国・平昌五輪。南北融和の象徴として今月25日、北朝鮮のアイスホッケー女子選手団が韓国入りした。五輪史上初となる合同チームの編成など、南北融和を懸命に演出したい文政権に対し、韓国世論の本音は?今週も北朝鮮 情報に詳しい高英起氏が裏話をズバリ解説。▽今週の「山キューブ」は、日本三大修験道の霊場として古くから信仰を集めてきた英彦山です。冬山の凛とした景色をお伝えします

出演者:【キャスター】 田久保尚英 角田華子 【追跡コーナー担当】 川崎健太ディレクター 【リポーター】 前畑静香 矢野美沙 【スペシャルゲスト】 谷村志穂(作家) 高英起(ジャーナリスト) 【コメンテーター】 宮崎昌治(西日本新聞社会部長) 林田暢明(コラムニスト) 【スポーツコーナー】 池田親興(テレビ西日本野球解説者) 【ナレーション】 児玉育則 石原佳代子

2018年1月20日(土)

過労死予備軍多数の先生たち。長時間労働が常態化している教員の「働き方改革」のため、福岡県教育委員会は、2018年度にタイムカード導入の方針。果たして成果は?

福岡県教育委員会は、長時間労働が常態化している教員の「働き方改革」のため、勤務時間を管理するタイムカードを2018年度に導入する方針を明らかにした。文科省の調査では、公立の小中学校の教員の勤務時間は1日あたり11時間を超えていて、小学校で3割、中学校では約6割の教員が「過労死ライン」に達する週60時間以上の勤務をしているという。4年前からこのシステムを導入している北九州市のケースを検証し課題を探る

出演者:【キャスター】 田久保尚英 角田華子 【リポーター】 前畑静香 【追跡コーナー担当】 川崎健太ディレクター 【スペシャルゲストラインナップ】 高英起(ジャーナリスト) 【レギュラーコメンテーター】 宮崎昌治(西日本新聞社会部長) 和栗百恵(福岡女子大学 准教授) 田坂幸(弁護士) ほか【スポーツコーナー】 池田親興(テレビ西日本野球解説者) 安枝新悟(西日本新聞スポーツ本部長) 【ナレーション】 児玉育則 石原佳代子

次回放送内容

OA:2018.02.24(土)

番組タイトルの『CUBE』は、立方体を意味します。普段のニュースをいろいろな角度から多面的にとらえ、内容を深く掘り下げたいという私たち制作者の思いが込められています。変貌するアジアの息吹を常に敏感に感じながら、私たちの暮らす街・福岡、そして、九州は、大きく動いています。政治・経済はもちろん、日々の生活で見過ごされがちな生活者の現状や課題に焦点をあて、今、世の中でなにが起きているのか?自分の街や地域が、本当はどうなっているのかを視聴者に問いかける番組を目指しています。『CUBE』は土曜の朝にふさわしく、より新鮮な情報を生放送でお届けし、これまで以上に福岡の“今”を多角的に、そして、鋭くみつめていきます。

年別アーカイブ

  • LINEで送る
ページの先頭へ