今回の主人公はアーティスト 小松孝英。幼い頃から親しむ自然や昆虫から直に感じる生態系の今を描く、現代の日本画。
そして、ビジネスとしての芸術。