今回の主人公は、画家、柴田高志。ペン先は、それ自体が意思を持っているかのように細かく弧を描き続ける。
東京での本格活動を決意したその胸中とは?