今回の主人公は書家・アーティストの杉田廣貴。
22歳の遅いスタートは、路上からはじまった。多くの人々との共感が、彼の表現を常に支えている。