今回の主人公は鹿田典夫。古い写真館の店主である。
デジタルを活用した「ゴム印画法」は、超アナログな世界。
そこにあるのは、写真の進化の途中経過。