今回の主人公は、画家・生島国宜。制作活動は、絵画、展覧会の企画、更にはパフォーマンスにも及ぶ。
ポップな色使いと筆の強弱に注ぐ、作者の想いとは。