今回の主人公は、アニメーション監督・吉浦康裕。当初は、制作行程全てを1人で行っていた吉浦さん。
今もできることは自分でやるスタイルを貫く理由とは?