今回の主人公は、画家の牧野伊三夫。北九州市発行の季刊誌「雲のうえ」の編集委員でもある。
今回は、特別にBGМはなし、紙の上に鉛筆が走る生の音も聞こえます。