今回の主人公は、宮崎の漆藝家、宮城壮一郎。受け継がれてきた技術と精神性に、
自身のセンスが加わった現代の漆器は、真新しい感動を放ちます。