今回の主人公は、刀匠・松永源六郎。作刀する上で、松永さんが一番大事にしている事は、
戦のない現代においても変わる事のない、日本刀の使命。