今回の主人公は、絵を描く事は緊張することだと語る、画家 桑迫賢太郎。
穏やかな透明感を持つ絵画とは裏腹とも思える、その緊張の正体とは。