今回の主人公は写真家、長野陽一。多くの雑誌にも掲載されている写真は、
人、料理、そのどちらも、今の姿で存在する理由となる背景までも写している。