今回の主人公はプロダクトデザイナー、坂下和長。とにかく実物を見て、触って、測って、
独学で学んだデザインは、使う人に寄り添うデザイン。