今回の主人公は画家、国本泰英。描かれた人物は、見る人によって誰にでもなりうる。
今の絵を描くきっかけとなったのは、ずっと抱えていた、ある疑問。