今回の主人公は陶芸家 辻浩喜。代々続く窯元に生まれ、後世に技術を伝えて行くひとり。
窯ではなく「個人」として創る作品の根底にあるものとは。