今回の主人公は、色とりどりの色鉛筆で瑞々しい野菜や植物を描く、秋田多喜子。
ゆっくりと時間をかけて完成させる、絵の艶に宿るものとは。