今回の主人公は、丸太から彫刻作品を生み出す作り手、田村将太。
木という素材が持つ、無限の可能性を感じながら、今までにない表現を模索し続ける。