今回の主人公は写真家、船尾修。時間をかけた丁寧な取材でおさめる、鮮烈なドキュメンタリー写真。
そこににじむ、船尾さん自身の人物像。