今回の主人公は刺繍作家、いけたにゆみか。布という土台が枷にならない、立体的な刺繍。
隅々まで見ないともったいない、細かな表現は虫眼鏡が必要な程。