今回の主人公は陶芸家 中島大輔。粘土との対話で形づくる器とオブジェ。
陶芸と真剣に向き合った年月が可能にした、住まう土地の土を使った作品作り。