今回の主人公は写真家 下薗詠子。カメラを持った彼女を前に、
人も物もいつの間にか奥深くに持つものを差し出してしまう。彼女が「今」創る作品とは。