今回の主人公は画家、廣末勝己。自分の内部に耳を澄まし、鮮烈に、穏やかに、キャンバスの上に息づく色。
制作と同時に見つめる今からの美術の在り方。