今回の主人公は「TOUMEI」のガラス作家、髙橋 漠と和田朋子。
ガラスという素材に魅せられた2人が創る、それぞれの「ガラスらしさ」。