今回の主人公は八尋晋。美術を「理論」と「感性」の両面から表現する美術家。
木彫や、陶器の作品が纏う強烈な奇抜さは、或る考えに基づくもの。