今回の主人公は陶磁器作家 古賀崇洋。ファッションやアートにも照準を定めた、
「自分にしか出来ないモノ」で模索する、陶磁器の新たな可能性。