今回の主人公は映画監督 田平一真。同世代の仲間で自主映画を制作。
忌憚なく発言できる現場で生まれるアイディアに、作品は変貌し続ける。