今回の主人公は鹿児島の出版社、燦燦舎 鮫島亮二。出版社に勤め、営業や編集を経験して独立。
書店に並ぶ本を知っているからこそ作る、必要なもの。