天気情報・TNC NEWS

番組情報

FNS九州8局共同制作 ドキュメント九州・汽船もまた道路なり[再][字]  [ドキュメンタリー全般]

2019/04/23(火) 25:55 〜 放送済み

放送概要

鹿児島県のトカラ列島。大小12の島々からなる小さな村、十島村の交通手段は村営フェリーのみ。2018年春、7代目の村営船「フェリーとしま」が引退を迎える事になった

放送内容

 鹿児島県の屋久島と奄美大島の間に浮かぶトカラ列島。十島村は、そこに点在する大小12の島々からなる、人口約700人の小さな村である。交通手段は村営フェリーのみ。航路となる海域は、黒潮の流れが速く、かつては海難事故が多発した過酷なエリア。フェリーは波風と闘いながら、週に2回、島々に人と物資を運んでいる。
 かつて船の往来がほとんどなかった十島村に、念願の定期船が就航したのは、昭和8年のこと。以来、定期船は島民にとっては生活道いわば生命線の役割を果たしてきた。
 2018年春、2000年に就航した7代目の村営船「フェリーとしま」が、新造船の就航にともない引退を迎えることになった。最後の航海まで残りわずかとなった3月末、「フェリーとしま」のデッキには、春の異動で島を離れる教師や子どもらの別れを惜しむ姿があった。そして迎えた最終航海。各島の港では、18年間運航を担ってきた船長や船員たちへ島民から多くのねぎらいの声が掛けられた。十島村の生活を支えた7代目村営定期船の最後の航海を追った。

出演者情報

【ナレーター】
尾堂公信
美川愛美(KTS)

過去の放送

この番組を見てる人はこんな番組も見ています

早よ帰ってきない~九州北部豪雨から365日~

2019/05/21(火) 25:55〜

2017年7月、豪雨で甚大な被害を出した福岡県朝倉市。今も行方不明の妻を待ち続ける主人公の男性。あの豪雨の日を境に男性は、自らの人生を振り返る。人が生きるとは?

美の鼓動・九州

2019/05/26(日) 11:45〜

今回の主人公は、シャツデザイナー・吉田義貴。メンズに続き、レディースブランドを立ち上げ、取り組むデザイン。作るために拠点として選んだ熊本・阿蘇。

匠の蔵

2019/05/26(日) 21:54〜

福岡県みやま市。昭和の夏、子供達が楽しんだ線香花火。今も作っているのは、日本で3軒のみ。消えかけた国産花火を、平成から令和の夜にも咲かせる花火職人・筒井良太。

サイト内検索

注目ワード: ゴリパラ見聞録 DVD Vol.8 

オススメ番組

お知らせ

サイト内コンテンツ

番組公式サイト

ニュース・天気

スポーツ

その他

イベント・試写会

企業情報

ページのトップへ