天気情報・TNC NEWS

番組情報

FNS九州8局共同制作 ドキュメント九州・屋台とともに[再][字]  [ドキュメンタリー全般]

2020/10/26(月) 25:55 〜 放送済み

放送概要

屋台店主の公募で揺れる福岡
▽難病を抱えながら奮闘する女性“大将”
▽人気屋台最後の日
▽新進気鋭の料理人が屋台の世界へ挑戦
▽機能とデザインを兼ね備えた渾身の屋台

放送内容

福岡の名物屋台「かじしか」が、この春惜しまれつつも閉店を迎えた。
経営していたのは下村和代さんとその父・克彦さん。
女性店主ならでは気遣いで人気を博し、予約なしでは入れない程の人気ぶりだった。

そもそも福岡の屋台は、1994年以降、新たに参入することが出来なくなったため、消滅の危機にあった。そんな事態が急転したのは2013年のこと。福岡市が屋台を観光資源として捉え、福岡の街に屋台を残すために条例を制定した。
そして、公募で新規参入を認める一方、本来営業権を持たない“名義貸し屋台”は3年の猶予を与えて廃業を言い渡した。その数28店。同じ数だけ屋台店主の公募も行われ、かじしかも参加したのだが…。

一方、公募で新規参入を果たした久保田鎌介さんは、海外での料理修業を経て、現在多国籍料理のダイニングバーを経営。福岡で、これまでにない屋台を始めようと奮闘していた。機能とデザインを兼ね備えた渾身の屋台は、福岡の街の景色をどう変えるのか。

新しい風を起こそうとする屋台と、「福岡の文化・屋台」を愛しながらも廃業を余儀なくされた屋台。その両者に密着し、それぞれの想いを描く。

出演者情報

語り:椎木樹人

過去の放送

この番組を見てる人はこんな番組も見ています

エジソンの町工場

2020/11/30(月) 25:55〜

お茶畑がひろがる鹿児島県南九州市頴娃町で、手摘みの400倍の速さで茶摘みを行う「松元式乗用型茶摘菜機」。開発者の遺志を受け継いだ社長と、技術者たちの奮闘記。

手探りの災害処方箋

2020/12/01(火) 25:55〜

2019年8月に佐賀を襲った「佐賀豪雨」。そのおよそ1週間後、佐賀県武雄市などで水害を受けた方々への支援を行う民間ボランティアチーム「おもやい」

美の鼓動・九州

2020/12/06(日) 11:45〜

絶対も、正解も、限界もない芸術の世界…。九州では、無から有を生み出す芸術力が日々育まれています。番組では、古きを継承し、新しきモノを生み出すクリエーターを紹介。

サイト内検索

注目ワード:ゴリパラ見聞録 DVD Vol.9 

オススメ番組

お知らせ

ステーションイメージ

サイト内コンテンツ

番組公式サイト

ニュース・天気

スポーツ

イベント・試写会

企業情報

ページのトップへ