ページトップ
TNCメニュー

匠の蔵 ―創る人、開く人、発する人―

紹介した匠たち

竹田礼人

長崎ガラスが生まれた土地でガラス職人を続ける現代のびいどろ吹き、竹田礼人。江戸の昔、長崎奉行の記録に1670年には長崎に「びいどろ吹き」が存在していた、とある。

2020年03月22日

2020年03月22日

400年の歴史を持つ長崎ガラスの技を継承する匠、竹田礼人。18世紀に長崎で作られていたといわれる長い注ぎ口が特徴の冷酒用酒器を復元した「長崎チロリ」が代表作だ。

2020年03月15日

2020年03月15日

400年の歴史をもつ長崎ガラスの技を継承する匠・竹田礼人。18世紀に長崎で作られていたといわれる、長い注ぎ口が特徴の冷酒用酒器を復元した「長崎チロリ」が代表作。

2020年03月08日

2020年03月08日

400年の歴史をもつ「長崎ガラス」の技を継承する匠・竹田礼人。18世紀に長崎で作られていたと言われる長い注ぎ口が特徴の冷酒用酒器を復元した「長崎チロリ」が代表作

2020年03月01日

2020年03月01日

長崎ガラスが生まれた土地でガラス職人を続ける現代のびいどろ吹き、竹田礼人。江戸の昔、長崎奉行の記録に1670年には長崎に「びいどろ吹き」が存在していた、とある。

放送エリア

ページの先頭へ