ページトップ
TNCメニュー

TNC番組開発部 毎週水曜日 深夜24:25~24:55

新企画VTRのトーナメント勝ち抜き番組

About

番組概要

ノンジャンル新企画VTR(10分程度)2作品が毎週対決!
8作品のうち、視聴者投票でトーナメントを勝ち抜いたものは番組枠を全部使って30分番組として放送!
将来はレギュラー…そしてゴールデン枠進出!?TNCのチャレンジ番組にこうご期待!

番組開発部長 矢野ペペ(パラシュート部隊)
番組開発部長 矢野ペペ(パラシュート部隊)

Tournament

トーナメント
トーナメント

各ディレクターがVTRを出品し、トーナメント方式でバトル
番組公式HPでの視聴者投票で勝敗を決定

Judgement

判定方式

番組をご覧いただき、下記投票システムより、おもしろかった方の作品に投票して下さい。
あなたの清き1票が、真のおもしろい企画を育成します!
※番組終了後2時間まで受付

Vote

投票

6週目の対戦

投票締切:10月18日03時00分まで

  • 密着!飯テロ24時<span class='small'>  深夜にこんな美味いもの食べさせるなんて</span>

    「密着!飯テロ24時 深夜にこんな美味いもの食べさせるなんて

    「死ぬほど美味しいご飯―」そう。福岡では、犯罪的に美味しいご飯屋さんが存在するんです。それは深夜でも同じこと。そんな深夜24時でも美味しいご飯を提供するお店を取り締まるのが“飯テロ警察”です。

    今回は街の人に聞きながら、緊急の取調べ(突撃取材)を敢行。結果、2軒のお店を逮捕することに。焦がした香りが食欲を増進させる「炎の担々麺」に、A5ランクの黒毛和牛を使ったお手頃価格の肉料理専門店。福岡はやっぱり圧倒的に美味い。

    投票を締め切りました。

    締切:10月18日03時00分まで
  • ソレドラ♪~それドラマにしていいですか~

    「ソレドラ♪~それドラマにしていいですか~」

    福岡に住む一人ひとりの人生それぞれにはきっと様々なドラマがあった。そこで長時間に及ぶ一大街頭インタビュー実施。いったいどんな人生を歩んできた方に出逢えるのか。みなさんの人生の物語、ドラマにさせてください。「ソレドラ♪~それドラマにしていいですか~」

    今回の主人公はある一人の女性。この方は学生時代バスケットボール一筋の生活を送ってきたが、プロになる夢を諦め大学への進学を決意。大学でまた熱中できることを探していたところに友人の一言を受けモデルを目指すことに。しかしバスケットとは大きくかけ離れた挑戦になかなか上手くいかず、200回ほどのオーディション不合格を経験。その後応募者相当数のパラオ親善大使のオーディションに合格し、晴れてグランプリとなるのだが、合格までの道のりにさらに一体どんなドラマがあったのか。女優「岸田麻佑」が熱演。

    投票を締め切りました。

    締切:10月18日03時00分まで

得票率

  • 密着!飯テロ24時 深夜にこんな美味いもの食べさせるなんて51 %
  • ソレドラ♪~それドラマにしていいですか~:49 %

Archives

これまでの対戦

5週目の対戦

  • そのカリパク、解決します。

    「そのカリパク、解決します。」

    「返したいけど、月日が経ちすぎて今さら返せない・・・」「本当は返してもらいたいけど、言い出しにくい・・・」そんな日本人を長年悩ませてきた【カリパク】をノボせもんの2人が解決!

    今回は、ダンスのインストラクターを目指す女の子が、師匠に貸した「CD」を取り戻してほしいという依頼。尊敬する師匠だが、レッスン中もカリパクされたCDの事がチラつき集中できないという。しかし、いざ師匠のもとへ突撃してもCDの事を全く覚えていない様子。急遽、師匠の実家を大捜索したカリパク探偵と依頼人。懐かしいグッズが数々出てくる中、CDの行方は・・・??

  • お願い!ボツ神様

    「お願い!ボツ神様」

    今回の「ボツ」は福岡県大刀洗町の工場「KNK」にあった元・電柱のプラスチックパーツ。300万円もかかった「成型用の金型」はお蔵入り。番組では本人出演による再現VTRにより、ボツアイテムの大変身を紹介。

    黒く硬いボツったパーツから、グミのように柔らかな素材へ。「ペチペチとくっつき、よくのび~る」新アイテム、「ペチもとペチろー」として生まれ変わった!ただし、「使い方不明」!?そんな、不思議な商品をダメもとでSNSに投稿したところ・・・「これから使い方を考える新ジャンルの商品」と、なんとSNSでバカウケ!今の時代だからこその展開に。

    番組では、その1つ「意外と釣れる!?」という情報を元に玄界灘へ!すると、フグが「ペチろー」に猛アタック!さらに鯛までも釣り上げた!これで「金型も昇天か」と思いきや、今回、神様は舞い降りず・・・なぜなら、お蔵入りしていた成型用金型には、4つも穴がありそのうち、1つだけが「ペチもとペチろー」。残る3つは「ボツパーツのまま」という未だボツだらけな事実が判明。

    「これでは金型は浮かばれない・・・」と番組ではさらなる使い方を募集!ぜひ、TNC番組開発部の公式ツイッターまで!ちなみに「ペチもとペチろー」は今もネット販売中だそうです

得票率

  • そのカリパク、解決します。:30 %
  • お願い!ボツ神様:70 %

4週目の対戦

  • 街角セッション

    「街角セッション」

    「何かが起こる」のか?「何も起こらない」のか?

    誰が言ったか「音楽の街」と呼ばれる、ここ福岡。その、とある街角に、自由に弾けるギターやピアノなどの楽器が置いてあったらあなたはどうする?

    演奏するもよし、歌うのもよし、ルールは無いが、何かが起こる保証も無し!あなたの住む福岡の街角で繰り広げられる”奇跡のセッション”から目が離せない!

  • ソレドラ♪~それドラマにしていいですか~

    「ソレドラ♪~それドラマにしていいですか~」

    福岡県の人口約500万人。その一人ひとりの人生それぞれにはきっと様々なドラマがあった。そこで長時間に及ぶ一大街頭インタビュー実施。いったいどんな人生を歩んできた方に出逢えるのか。みなさんの人生のドラマ、ドラマにさせてください。「ソレドラ♪~それドラマにしていいですか~」

    今回の原作者はある一人の男性。この方は女手一つで育ててくれた母を少しでも楽にさせたいと、進学をせず15歳で社会へ。ラーメン屋などを経験し、もっと人と話す仕事がしたいとバーテンダーに転職を試みる。だが入ったそこは小さなホストクラブだった。予期せぬホストデビューとなったこの男性はなんとそのとき80キロをこえるぽっちゃりさん。しかし後にこの方、お店を6店舗経営し、母に車をプレゼントのするのだが、この人生にさらにどんなドラマがあったのか。俳優「椎木樹人」が熱演。

得票率

  • 街角セッション:15 %
  • ソレドラ♪~それドラマにしていいですか~:85 %

3週目の対戦

  • リーマンパラダイス

    「リーマンパラダイス」

    サラリーマンにとって「営業先でふらっと立ち寄りたいお店や場所」=「リーマンパラダイス」を巡る企画。案内してくれるのは一時芸人を辞め、サラリーマンをしていた経験があるレモンティーの阿部ちゃん。THE営業車・プロボックスでまず向かったのは、清川にある純喫茶・ブルマーシャン。ここで腹ごしらえにしょうが焼き定食をいただく。

    続いて、「リーマンにとってささやかな贅沢は喫茶店をはしごすることだ」という阿部ちゃんに連れられて、近くの喫茶店に入店。ここで小さい頃から大好きだったメロンソーダに舌鼓。最後に向かったのは福岡パルコ。いかにも若者が集まる場所といった印象だが、実はリーマンにとっても聖地になっているらしい。着いていったところ、そこはパルコ新館4Fにある無料休憩スペース・ふっかふかのソファだった。ゆるやかなテンポでお届けした今回のリーマンパラダイス。次なるパラダイスは何処に…。

  • サカイストの密着!飯テロ24時<span class='small'>  深夜にこんな美味いもの食べさせるなんて</span>

    「サカイストの密着!飯テロ24時 深夜にこんな美味いもの食べさせるなんて

    「死ぬほど美味しいご飯―」そう。福岡では、犯罪的に美味しいご飯屋さんが存在するんです。それは深夜でも同じこと。そんな深夜24時でも美味しいご飯を提供するお店を取り締まるのが“飯テロ警察”です。

    今回は街の人に聞きながら、緊急の取調べ(突撃取材)を敢行。結果、2軒のお店を逮捕することに。たっぷりのモッツァレラチーズがのった究極の辛ウマメニューに、中毒者続出の焼肉店が出したハンバーガー専門店。どちらも超絶美味しかったです。

得票率

  • リーマンパラダイス:41 %
  • サカイストの密着!飯テロ24時 深夜にこんな美味いもの食べさせるなんて59 %

2週目の対戦

  • 本気遊戯

    「本気遊戯」

    子どもの頃時間も忘れて熱中した遊び。大人になった今遊んだらそれはもうかなりハイレベルなのでは。子どもの頃熱中した遊びを大人たちが今本気で遊ぶ。「本気遊戯」ここに開幕!

    今回の遊びは誰もが聞いたことのあるリズム「う~えかし~たかまんなかか!」でおなじみの縄跳びを使った「いろはにこんぺいとう」。柔軟性、跳躍力、運などが求められるこの遊びに挑戦したプレイヤーはポールダンサー、プロバスケットボール選手、メンタリスト、忍者の4人。各界のスペシャリストたちによってハイレベルな本気の遊びが繰り広げられた。

  • お願い!ボツ神様

    「お願い!ボツ神様」

    「お願い!ボツ神様」「努力、情熱、愛情」がたっぷりの惜しいボツ!!「ボツ」を返せば人の「ツボ」アイデアがボツりそうなとき、人々はこう祈る~!『お願い!ボツ神様~』

    今回は、三度のメシより拍手の男性、バイバイワールド・髙橋征資さんのもとにボツ神様「ソレノイドの女神」が舞い降ります。10年前、髙橋さんが生み出した「拍手マシーン・初号機」は見た目も!?な「衝撃ボツ作品」

    ボつり続けて10年…女神ととも「拍手ロボット・ビッグクラッピー」の世界進出計画をスタート。果たして「ビッグクラッピー」の拍手で人は元気になれるのか?「飯塚商店街からラスベガス」まで「拍手で世界を元気に!」

得票率

  • 本気遊戯:44 %
  • お願い!ボツ神様:56 %

1週目の対戦

  • そのカリパク、解決します。

    「そのカリパク、解決します。」

    「返したいけど、月日が経ちすぎて今さら返せない・・・」「本当は返してもらいたいけど、言い出しにくい・・・」そんな日本人を長年悩ませてきた【カリパク】をノボせもんの2人が解決!

    今回は、2年間借りっぱなしの「ももクログッズ」を、どうしても返したい男性に密着。グッズを返す相手には何も告げずに、自宅へ突撃。初めは何のことかわからない様子だったが、徐々に事情がわかると・・・やはり本人はグッズをカリパクされていたことを鮮明に覚えていた。積年の思いとともに、返却完了!

  • ワケアリBBQ

    「ワケアリBBQ」

    とあるキャンプ場を舞台にワケアリの人に「ワケアリのエピソードと料理」をご馳走していただく企画。BBQが進むにつれ、その正体が徐々に明らかになっていく。

    10代は不良少年だったという今回のワケアリ人は、父親の教えで20代の大半を南米で過ごす。ペルーやエクアドルなど南米諸国を渡り歩き、最終的に行き着いたブラジルで新聞記者に。そこには「少年院で反省文を毎日書いていて、文章能力が培われた」という元不良少年ならではの理由が。そんな彼が今目指すものは、自分の壮絶な人生を人のために役立てるという事だった。

得票率

  • そのカリパク、解決します。:56 %
  • ワケアリBBQ:44 %
ページの先頭へ