ページトップ
TNCメニュー

匠の蔵 ―HISTORY OF MEISTER―

「匠の蔵」~HISTORY OF MEISTER ~
「匠」達の技を確立するまでの生い立ちはどのようなものだったのか。
どのような苦節を経て今に至るのか。

彼らが繋いできたもの、未来へ繋ぐものは何なのか。

紹介した匠たち

築城則子

築城則子

一度は途絶えた小倉織を、伝統を継承しつつ、現代に息づく新しい「縞」の世界として蘇らせた。小倉織を再生から進化へと導く。

  • 2022年04月24日(日) 21:54 ~

    築城則子

    過去は裁ち 未来を織る

    手織りでは数に限りがある小倉織ではあるが、機械織りで様々なパターンの織物が可能になった。工場の代表は、娘の築城弥央。一度途絶えた小倉織を絶対に途絶えさせない覚悟で、現代の小倉織商品を生み出す。

  • 2022年04月17日(日) 21:54 ~

    築城則子

    35センチの2,300本

    小倉織の「縞」は、今や地元北九州市の至る所で目にするものとなった。しかし、その再生の道のりは簡単なものではなく、骨董店でわけてもらった端切れ一枚から。独自の密度で織る事で、風合いのある小倉織が生まれた。

  • 2022年04月10日(日) 21:54 ~

    築城則子

    譲れない

    能装束に魅了された築城は、大学を辞め染織の道を歩む。染めから織りまで全てを一人で行う、沖縄久米島で修業した後に、地元北九州の骨董店で、望んでいた「小倉織」の布と出会い、小倉織再生の道が始まった。

  • 2022年04月03日(日) 21:54 ~

    築城則子

    まだ見ぬ縞

    幻の「小倉織」をゼロから復活させた染織作家・築城則子の工房を、歌人・俵万智が訪ねる。35年でおよそ600の縞の作品を生み出した築城は、縞に斜めの線を入れる「まだ見ぬ縞」に挑んでいる。

ページの先頭へ