ページトップ
TNCメニュー

匠の蔵 ―HISTORY OF MEISTER―

「匠の蔵」~HISTORY OF MEISTER ~
「匠」達の技を確立するまでの生い立ちはどのようなものだったのか。
どのような苦節を経て今に至るのか。

彼らが繋いできたもの、未来へ繋ぐものは何なのか。

次回予告

谷口祐次郎 2022年05月22日(日) 21:54 ~

2022年05月22日(日) 21:54 ~

谷口祐次郎

文化を受け継ぐ責任

2021年8月、佐賀県地方は記録的な豪雨に見舞われた。谷口の工房、自宅とも甚大な被害を受けた。土石流に追われ、いったんは家族で非難したが、雨が降り続く中、紙漉きの道具を守るため工房に戻った。代々受け継いできた道具は、今では作れる職人がいない。

最新の動画

谷口祐次郎(2022年05月08日)

自分の仕事に納得しない

名尾手すき和紙6代目にあたる谷口の師匠は、父親の谷口進。80才で引退する際「とうとう上手にならなかった」と漏らした。谷口も自分の仕事に満足したことがないという。満足しないことが次の仕事の糧へと繋がる。

谷口祐次郎

谷口祐次郎

佐賀県重要無形文化財の指定を受ける「名尾手すき和紙」をつくる和紙職人。江戸時代から300年続く技術と伝統をひとり継承している。

前回の放送

谷口祐次郎 2022年05月15日(日) 21:54 ~

2022年05月15日(日) 21:54 ~

谷口祐次郎

ペーパーレス時代が紙の価値観を変えた

名尾手すき和紙は障子紙や提灯用の紙として重宝されてきたが、昭和の終わり、生活様式の変化で和紙の需要が減り売れなくなった。ある日、失敗して丸めた紙を見た客の一言が谷口を変えた。「味があって良い」これまで薄く均一の紙を漉く技術を追求してきたが、厚みを変え、デザインを施すことでインテリアとしての和紙を確立する。

最近紹介した匠たち

番組概要

我々が暮らす地元・九州。九州・沖縄にいながらにして、世界に誇れるようなモノ作りを極めた人、誰も想像できない道を切り開いた人、周囲に影響力を及ぼし新たな価値を生み出す人、その名の通りの「匠 たくみ」が数多くいます。

「匠の蔵」では匠の作品が生まれた「ヒストリー」に踏み込み、深掘りします。

障壁や挫折を経てなぜ匠になれたのか?そして昭和・平成・令和と新しい時代を迎え、匠は技をどうつなごうとしているのか?その人生をたどりながら、「匠」の真相・真髄に迫ります。歌人・俵万智氏がインタビュアーとなり、九州各地の「匠」を訪れます。そして、ナレーションは、引き続きジョン・カビラ氏、テーマソングも葉加瀬太郎氏が担当します。

出演者

  • 俵万智

    俵万智

    クリエイティブな仕事をする同志として、匠の心に寄り添い、匠の言葉に耳を傾ける。そんな聞き手でありたいと思います。

  • ジョン・カビラ

    ジョン・カビラ

    『匠の蔵』が帰ってきます!九州ー沖縄の「匠」の技とは?そして思いとは?
    その魅力を匠のパワーワードから紐解き、歴史を知り、未来を展望します。

  • 葉加瀬太郎

    葉加瀬太郎

    2016年10月から始まったこの番組
    きっと視聴者の皆様に可愛がって頂いてるこのテーマ曲を今回さらに明るく楽しいアレンジにしてみました。世界に横たわる様々な不安の中、番組を通じて我々の明るい未来を感じて頂ければ幸いです。今こそ、匠たちの職人技がこの国へ、そして世界へ活かされるべき時なのではないでしょうか?彼らの仕事のように僕の音楽が少しでも皆様の心を照らす事が出来たら何よりも幸せです。

放送エリア

ページの先頭へ