ページトップ
TNCメニュー

応援メッセージ

呼んでほしい芸人

2017.03.31 01:49

博多華丸・大吉さんいつも楽しみにして見てます。 今回呼んでほしい芸人は、カンニング竹山さんです。福岡出身で意味がないじゃないかと思われるでしょうが、今となってはこの3人での絡みはレアだと思うんです。 福岡よしもと1期時代の話をしながらの街ブラを僕以外の人も少なからずいると思うんです。プラス、ケン坊田中さんも特別ゲストで参加してほしいです。 厳しいとは思いますがこれを実現してほしです。よろしくお願いします。

(安っすんゴレライ・男・会社員・30代)

華丸さんにそっくりな看護師さん

2017.03.26 12:36

いつも観ています。 華丸さんにそっくりな美人の看護師さんが北九州市八幡西区にいらっしゃいます。 凄く優しくて、笑顔が素敵な看護師さんです。 八幡西区を回ることがありましたら、是非寄っていただきたいと思いメッセージさせていただきました。

(バルカンライダー・男・会社員・40代)

呼んでほしいゲスト

2017.03.15 07:00

 太平サブロー兄さんを呼んでほしいです!オンエアできる範囲内で、「ひょうきん族」の話をしながら、ロケしてほしいです!

(めちゃヲタ・男・その他・30代)

マサカノゴールデンタイム

2017.03.11 21:14

初めまして。関西では朝の5時から放送されていまして、朝洗濯物を干しながら見ています。とってもゆったりとした番組で、九州では夜中の放送かな?と思っていたら、まさかのゴールデンタイムでびっくりしました。でもこの空気感好きです。これからも楽しみにしています。

(ハイジ・女・会社員・30代)

ぜひ博多高校に!!!

2017.03.01 17:00

毎週楽しく見させて貰ってます! 福岡のお父さん的存在である、華丸さんと大吉さん!ぜひ博多高校に来て下さい!福岡の若者にエールを送ってほしいです!看護科でお待ちしております!

(ナースの卵・女・高校生・10代)

DVD化して欲しい

2017.02.26 03:07

1度福岡の方に旅行に行った時に たまたま拝見した番組がとても面白かったのですが、関東に住んでいる者としては 見ることが出来ないのでとても残念です。 博多華丸・大吉さんのことを応援しているのでぜひDVD・ブルーレイ化して欲しいです。

(たかちゃん・女・会社員・20代)

見たいよう

2017.02.18 21:49

神奈川県民なんです。見たいんです。動画サイトで見てるんです。神奈川県でも見られるようにしてください、本当に。

(ゆで卵・女・その他・50代)

応援とおかずクラブに意見

2017.02.13 14:08

いつも楽しく拝見しています。 録画もしますが、視聴率のため可能な限り生で観てますよ♪ ところで先日放映のおかずクラブはひどかったですね! 華丸さんも切れていましたが、上手いコメントも出来ず、店の方々にも配慮せず、ただ好きなものをじゃんじゃん頼んでバクバク食べる! 華大さんが話してるのを聞きもせず、二人でペチャクチャ喋ってる! 一番気になったのは、おかずが歩くとき、手を後ろに組んでオバサン歩きをしてたことです。 もう観るに耐えられませんでした。 これからも勿論拝見しますが、酷いゲストには先輩として厳しい忠告を、お願いします。

(熊本出身の松ちゃん・男・会社員・50代)

ゲスト次第で・・・

2017.02.11 11:30

いつも金曜日を楽しみに録画しながらみています。自由に気軽に町の人と会話する華丸さん。回りを気遣いながらロケする優しい大吉さん。全国ネットと違ったローカル感が大好き♥です。先週の藤井隆さん全力投球の即興ドラマ大爆笑でしたー。ナンダカンダって振り付けも懐かしかったです。それに引き換え今週のおかずクラブ・・・。最後の華丸さんの花山での言葉すっきりしました。同じ思いの方だいぶんいたみたいですよん。

(門司の華大ファン・女・会社員・40代)

いつも楽しみです

2017.02.10 20:03

華丸さんと大吉さん2人のお笑いとは違った、おっとりしたやり取りと、ゲストの方とのテンポの良い福岡人独特の会話で毎回楽しんでます。おかずクラブさんの回は、彼女達のリアクション無さすぎて…笑。次回の渡辺直美ちゃんは楽しみで期待してます。

(ゆうたママ・女・主婦・50代)

次回放送内容

OA:2019.06.21(金)

今回は「TT兄弟」でおなじみのチョコレートプラネットが初参戦!福智町を訪れる。まずは、古くから営まれている米穀店へ。するとスーパーではお目にかからない不思議な豆腐を発見。豆腐芸人である華丸がその味をチェック!そして、福智町の伝統的工芸品「上野焼」の窯元へ。芸人になる前に陶芸の講師をしていたという長田が細かすぎる陶芸の世界を解説。親子2代で営む窯元だが、父の陶芸家らしからぬ風貌と娘が作るハイセンスな作品に4人は驚く。さらに、商店街を歩いているとチョコプラが大好きだという女性に遭遇。松尾がモノマネをしているIKKOの実家が近くにあると分かり、訪れてみることに。家に近づくにつれて、自然と緊張感が高まる一行…。果たしてその結末は?

  • LINEで送る
ページの先頭へ