天気情報・TNC NEWS

番組審議会から

第594回番組審議会

議題 「ももち浜ストアPresents 60歳からの天職」
平成29年9月18日(月) 9時50分~10時55分放送
開催日 平成29年10月17日(火)
出席者(審議委員) 藤 井 克 已 委員長
舘   賢 治 委員
森   亨 弘 委員
田 中   徹 委員
出席者(社側) 寺﨑会長ほか5名

【番組内容】

60歳を過ぎて、好きな事を仕事にした3人の“天職者”に密着しました。これまでとは全く違う分野の“本当に自分がやりたかった事”にチャレンジをした3人。
番組では、そんな天職者の何気ない日常に密着し、60歳からの生き方を学びます。

まず1人目は、飯塚市でジェラート店を営んでいる大場さん。大手ゼネコンでトンネルやダムの建設に携わっていた大場さんが定年後に選んだ道は、夫婦の時間を共有すること。毎日2人でジェラート店の店頭に立つ大場夫妻。そんな夫妻の新たな挑戦に密着しました。
2人目の天職者は、還暦を迎え、長年の夢だった演歌歌手になった“りゅうじ”さん。定年後、演歌歌手になる夢が再燃し、演歌界の大御所へ直談判し、3年の月日を経て、見事デビューを果たしました。今回はそんな“りゅうじ”さんの日常を紹介します。
3人目の天職者は、バスの運転手から漁師になった坂井さん。元々趣味だったという魚釣りを仕事にし、時間があれば当時の仲間たちとかけがえのない時間を送る坂井さんの日常。そこに至るまでには、ある葛藤がありました。

3人の天職者たちは一体、何を思い、転職し、天職を見つけたのでしょうか。さらに、番組では先日行われたセカンドライフの生き方を提案したオトナライフフェスタの模様についてもご紹介します!

審議会では

・3人の姿を見て、時間に追われて仕事をしていた人、単身赴任で仕事をしていた人、これからが人生のスタートと捉えている人、定年後、残されている時間をどう過ごしていくのかではなく、やわらかいが深いところまで考えられた番組だ
・敬老の日にこういった、定年を機に自分がやりたかった仕事に転職して活躍されている方を紹介した番組というのはあまり見たことがないということで、新鮮な視点で面白いなと思った
・定年を迎えたときの心境とか転職者のメッセージという形で3人の方がそれぞれ話をされていたが、それぞれの方が言われていたことは非常に示唆に富んでいて勉強になったし、納得できるものだ

・「天職」ではなく、「60歳からの趣味」ではないのかという感じを受けた
・他局の番組を彷彿させるもので、あまりオリジナリティーを感じなかった
・この3人は、少なくとも30年はもとの仕事をされているわけだから、その中で、自分の家族を養うとか、社会的な達成感とか、仕残したこととか、そういう自分の人生がどうだったのかということをきちんと伝えるのがまず前提になるのではないか

といったご意見を頂戴した。

過去の番組審議会

過去の番組審議会

審議会 委員名簿

LINEで送る

サイト内検索

注目ワード: LINE LIVE 福岡道場
ゴリパラ見聞録 DVD Vol.6 

会社概要

番組基準

個人情報保護

本サイトご利用にあたって

オススメ番組

お知らせ

サイト内コンテンツ

番組公式サイト

ニュース・天気

スポーツ

その他

イベント・試写会

企業情報

ページのトップへ