ページトップ
TNCメニュー

これまでの放送内容 【2013年】

2013年12月20日(金)

家族みんなで楽しめる地域密着バラエティー番組▽博多華丸・大吉のふたりが朝倉市におじゃま▽知る人ぞ知る名物「三奈木砂糖」って?▽番組史上初ご夫婦クイズがなぜか!?

今回は冬の朝倉市をぶらり。街を歩いていると、何やら大量に積まれた作物を発見。気になり近づいてみる、なんとサトウキビ。南国のイメージが強いサトウキビだが、朝倉市の三奈木地区では江戸時代からサトウキビの栽培が行われていたそうで、11月~12月にかけてが収穫の時期。せっかくなのでサトウキビ畑の収穫を見学しに行く事に。そこでサトウキビをいただき、見よう見まねで食べてみる華大だったが…。続いては、通りを歩いている時に見つけた醤油屋さんにお邪魔。時間をかけて醤油や味噌を作る工程に感心する華大。しかも、販売方法まで昔ながらの方法でされているとか。今回は瓦屋さんを営むご夫婦が登場。人生の折れ線グラフのトークから、番組史上かつてない展開になってしまいます。

出演者:博多華丸・大吉

2013年12月13日(金)

家族みんなで楽しめる地域密着バラエティー番組▽博多華丸・大吉の二人が小郡市でグルメ三昧!▽絶品鴨料理で昼間から大宴会▽ご主人は元○○行列ができるスイーツ店ご夫婦

今回、お邪魔したのは小郡市。華丸の案内で、なぜか料亭に向かったふたり。その理由とは、この時期しか食べる事が出来ない鴨料理を食べに行くためだった。実は小郡の鴨料理は全国でもその名が知られている程の名物で、東京からも食べに訪れる方もいるほど。刺身など珍しい鴨料理を満喫し、午前中にも関わらずお酒を飲み始めてしまう。今回のご夫婦は小郡の観光名所・如意輪寺そばでケーキ店を営むおふたり。元はテレビ局で大道具の仕事をしていたご主人。新企画で早くも話題となっている人生グラフで、ふたりの波瀾万丈の人生を紹介します。

出演者:博多華丸・大吉

2013年12月6日(金)

家族みんなで楽しめる地域密着バラエティー番組▽博多華丸・大吉のふたりが秋の久山町をぶら~り▽不思議な風景の謎を暴け!?▽芸術品!水引細工のお茶屋さんを訪問!

今回は久山町をぶらり。通りを歩いているとあちこちに不思議な案山子を発見。そのあまりの多さに謎は深まるばかり。はたしてその理由とは。また、お茶の良い香りに誘われて訪ねたお茶屋さん。中の様子をうかがうとご主人が何やら熱心に作っている様子。なんと、水引でストラップなどさまざまな作品を作っているとの事。その見事な腕前に感心する華大。今回のご夫婦は人気居酒屋さんのお二人が登場します。

出演者:博多華丸・大吉

2013年11月29日(金)

家族みんなで楽しめる地域密着バラエティー番組▽博多華丸・大吉のふたりが福岡市南区井尻におじゃま▽じぇじぇじぇな丼▽国際結婚ご夫婦フランス人夫に困惑?

今回は昔懐かしい雰囲気の残る福岡市南区井尻へ。なじみ深い看板につられて伺ったうどん店で、「じぇじぇじぇ!」な巨大丼に遭遇し、お隣の手芸店ではやたらと耳の長いあの人気キャラを発見。さらに、お客さんの手招きに応じて訪れた酒屋さんで、人懐っこい女将さんとの出会いも。そして今回は、井尻でフレンチ居酒屋を営む国際結婚カップルが登場。フランス人のご主人と日本人の奥様の軽妙な掛け合いは必見です!

出演者:博多華丸・大吉

2013年11月22日(金)

家族みんなで楽しめる地域密着バラエティー番組▽博多華丸・大吉の二人が筑後市におじゃま▽芸術品!ステンドグラス色とりどりの世界▽飴屋さんご夫婦のほのぼのエピソード

今回は筑後市をぶらり。たまたま見つけたステンドグラス工房で色とりどりの世界に魅了された華丸・大吉は大感動。奥さんが丁寧に分かりやすく説明してくれますが、作っているのは実はご主人。しかし、奥さんは重要な役割があるそうなんです。続いて久留米絣の工房を訪ねた二人。工房の娘さんが先代の後を継ぐために必死に修業中でした。伝統の技をしっかりと受け継いでいこうとする姿を見て、華丸大吉の二人もさらに仕事に打ち込もうと誓います。今回のご夫婦は地域の民芸品を作りながら飴屋さんを営むお二人。新婚旅行で起こったハプニングの話しになぜかほのぼのとしてしまいます。

出演者:博多華丸・大吉

次回放送内容

OA:2017.07.28(金)

ゲストに千鳥を迎え、柳川市を訪れる。まずは、地元のおばあちゃん達の憩いの場となっている惣菜店へ。するとなぜか興奮気味の男性が…その正体は大吉にゆかりある人物だった。続いて、番組開始初年度に訪れた青果店へ。再会したのは、強烈なキャラクターのご主人。スイカやマンゴーなどおいしいフルーツをご馳走になるが、「さらにオススメの店がある」とあちこち連れ回される結果に。しかし、行く先々で待ち受けていたのは絶品グルメの数々だった。その味に千鳥の2人も大満足!!最後に、大漁旗を制作しているという染物店を訪問。そこで作られていた意外なものに4人は大興奮!勢いでオリジナルのTシャツを作ることに。染物店にあった版を使って作るのだが、世界に一つだけ?のユニークなものに仕上がる。

年別アーカイブ

地域

  • LINEで送る
ページの先頭へ