ページトップ
TNCメニュー

これまでの放送内容 【太宰府市】

2021年4月23日(金)

▽初登場!うどん王子こと岡澤アキラと地元太宰府市をぶらり▽母校を訪問し少年時代を知る旧友達と再会!アキラの素顔が明らかに▽老舗製麺所でうどん愛が爆発!華大も参戦

番組初登場!うどん王子こと岡澤アキラをゲストに迎え、地元太宰府市をぶらりする。母校のグラウンドを訪問し、恩師と再会。知られざる岡澤の少年時代が明らかに。メダカ専門店では金魚すくいならぬメダカすくいに挑戦!店主がメダカにハマった意外な理由に一同驚愕。老舗の製麺所では岡澤が本領発揮。うどん愛が止まらない!さらに、醤油蔵で発見した意外な商品とは…?

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:岡澤アキラ

サムネイル

2020年6月12日(金)

▽銀シャリと太宰府市をぶらり▽社会現象になった大ヒット漫画ファンの聖地へ▽コンビ愛さく烈!華大がペアグッズをガチ購入▽有名店のご飯のおともをコラボさせたら奇跡が

前回に引き続き、ゲストに銀シャリを迎え太宰府市を巡る。まず4人が目指したのは、いま社会現象を巻き起こしている漫画「鬼滅の刃」ファンの聖地として注目されている竈門神社。原作ファンの華大と橋本はテンション高く向かうが、よく知らない鰻は見当違いな発言を連発する。続いて太宰府天満宮周辺へ。九州各地の名産を集めたセレクトショップに立ち寄った4人は買い物を始める。そこで華大がお揃いの「あるもの」を購入し、仲の良さを見せつける。

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:銀シャリ

タグ:銀シャリ

2020年5月8日(金)

タカトシと太宰府をぶらり▽人気太宰府みやげで帰れましぇん!?▽意外と知らない梅が枝餅の秘密?▽4年連続正月は福岡!タカの意外な福岡ライフ▽華丸おすすめラーメン

今回は番組が1時間に拡大して第1回目の放送をプレイバック!ゲストにタカアンドトシを迎え太宰府市をぶらりする。まずは太宰府天満宮で初詣。華大とタカトシが絵馬に書いた願いとは?続いては梅ヶ枝餅を食べに参道へ。かつては今と違う食べ方をしていたということで、その方法をクイズとして出題。そしてお土産屋さんで本家・タカトシと共に、あの人気企画と似た「太宰府みやげベスト3すべて当てるまで帰れましぇん」を行う。さらに福岡で4年連続正月を過ごしたというタカのプライベートトークを聞く。そしてラストは華丸が推薦するラーメンを堪能。タカトシのふたりが「観光を撮影されているだけで仕事をしている感じが全くしなかった」と感想をもらす程の4人のほんわか道中をお楽しみに。

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:タカアンドトシ

2019年11月1日(金)

ピース又吉&パンサー向井と太宰府ぶらり▽芥川賞作家である又吉と太宰府の大先生との対談が実現!▽ハプニングが多い弓矢店▽パンサー向井が華大に人生相談!その答えは?

今回は、仲良し芸人のピース又吉&パンサー向井を迎えて太宰府市を訪れる。まずは、令和フィーバーに沸く坂本八幡宮へ。令和との関係を氏子会長に尋ねるも、その説明に思わず苦笑い。その理由とは?その後、屋久杉専門店を発見してお邪魔することに。するとこのお店の会長は過去に本の出版経験があることが判明!昔から大ファンだったという芥川賞受賞作家又吉との対談が実現する。そして、弓矢専門店や自転車専門店を訪れたのち、駅前にあるオシャレな角打ちへ。昼間から飲んでいるという女性2人組と遭遇し談笑していると、女性が1人、また1人とやってきて…。そんな町の憩いの場でパンサー向井が人生相談!果たして華大の答えは?

出演者:博多華丸・大吉 又吉直樹(ピース) 向井慧(パンサー)

map

2017年9月22日(金)

▽藤井隆と太宰府市をぶらり▽スタートから予想外の珍事発生で藤井激怒!?▽ご主人はあの有名人似の照明専門店▽珍しいタイプのオルガンに感動▽華丸おすすめラーメン店へ

ゲストに藤井隆を迎え太宰府市を散策する。都府楼跡で紙飛行機を飛ばしている方を見つけた3人は近づいていくが、予想外の展開が起こる。そこで藤井がある一言をつぶやき華大も苦笑い。続いて訪れたのはアンティークの照明専門店。不在だったご主人がある有名人に似ているらしいのだが果たして誰なのか?その後訪れた一際目立つ建物では熱狂的な歓迎を受ける。そこでストリートオルガンという楽器を見つけ、その美しすぎる音色に3人も驚く。最後は華丸の同級生が営むラーメン店へ。

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:藤井隆

map
タグ:藤井隆

次回放送内容

OA:2021.08.06(金)

サムネイル

今回は去年のM-1ファイナリスト、いま最も勢いのある若手コンビ・見取り図をゲストに迎え、飯塚市をぶらり。まずは夏の風物詩を学ぼうと飯塚の鎮守、曩祖八幡宮へ。そこで福岡通の華大も知らなかった意外な新事実が!?次に向かったのは、創業390年を超える銘菓の老舗。特別に工場を見学させてもらった一行は、ある特別な体験をさせてもらえることに。そして「食のテーマパーク」を自称する、物産館や寿司店が並ぶ巨大施設へ。新鮮なお魚を前に、その日の晩酌の事で頭がいっぱいの華大は衝動を抑えられず…。回転寿司店では、お店からの盛大なおもてなしに大興奮!

年別アーカイブ

地域

  • LINEで送る
ページの先頭へ