ページトップ
TNCメニュー

これまでの放送内容 【糟屋郡】

2021年5月21日(金)

▽初登場!パンクブーブーと篠栗町をぶらり▽華丸絶賛!お茶漬けのようなうどんが登場▽黒瀬の母の店で仲良し親子の(秘)エピソード▽篠栗町の新グッズ登場!さらにモアイ像も

今回はゲストにパンクブーブーを迎え篠栗町を巡る。観光名所・南蔵院の土産店では町の新ブランドアイテムを発見。篠栗町の観光大使を務める黒瀬は張り切ってPRするが大吉と佐藤は店に飾ってあるフィギュアに夢中になってしまう。続いて、視聴者リクエストでモアイ像がある石材店へ。そこで黒瀬が、ご主人からある秘密を明かされ焦る展開に。さらに黒瀬おすすめの食堂ではまるでお茶漬けのようなうどんが登場。想像を超える味わいに他の3人も絶賛する。

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:パンクブーブー

サムネイル

2020年6月5日(金)

銀シャリと宇美町をぶらり▽新名物のヤギミルクアイスを堪能▽畳の刺繍工房で鰻の発言に華大が大激怒?▽オムライス店の個性派店主に追い込まれる華丸!その理由とは?

今回は3月に収録し放送を控えていた新作を公開!実力派漫才コンビ・銀シャリをゲストに迎え、糟屋郡宇美町を巡る。まずは、宇美町を訪れるたびにお邪魔するクリーニング店へ。毎回恒例の記念撮影を行い、過去の華大の姿を懐かしむ。続いて、ガソリンスタンドの横で、ヤギのミルクを使ったアイスクリームを発見。宇美町の新たな名物を目指しているというアイスのお味とは?そして、町を代表する名所の宇美八幡宮へ。宮司の熱心な案内に一同感心。さらに、偶然通りかかったオムライス店では、インパクトが強すぎるマスターが登場。そんなマスターになぜか追い込まれる華丸。その理由とは?

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:銀シャリ

タグ:銀シャリ

2020年4月3日(金)

かまいたちと篠栗町をぶらり▽不思議な唐揚げ店で不思議なギャグが…▽今だから語られるM-1秘話▽ホークスファン必見!あのパレードを彩ったクラシックカーを発見

今回は、M-1グランプリ2019ファイナリストのかまいたちをゲストに迎えて篠栗町を訪れる。小雨が降る中、雨宿りのため立ち寄ったのは100年続くという洋品店。約60年ぶりに新しくなったという中学校の学生服に驚く一行だが、そんな話題をよそに華丸はあるものが気になる。その商品を思い切って購入しようとする華丸に…数々のトラップが仕掛けられる。駅前のおしゃれなカフェや番組恒例のからあげを楽しんだ一行は、クラシックカーが展示されている自動車店を発見。話を聞いてみると、旧車好きには知られた超有名店で、ダイエーホークスの優勝パレードや数々の有名ドラマに車を提供しているという。珍しい車や、超高級車に目を奪われテンションが上がる一行だが、大吉が一番驚いたのは車に貼られた〇〇だった!果たしてその正体とは?

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:かまいたち

2019年6月7日(金)

▽宮川大輔と粕屋町をぶらり▽酢・醤油・アイスなど町の名物グルメに宮川うまい連発▽元プロ野球選手の地獄のノックに宮川の体が悲鳴▽今週も登場!華丸が愛するらっきょう

宮川大輔をゲストに迎え、粕屋町を巡る。番組で何度か訪れたことのある醤油店を訪れた3人。九州独特の甘みのある醤油が大好きな宮川が買い物を始めるが刺身用にどの醤油がよいか華丸と大吉の意見が割れ、さらに店主の一言が宮川を悩ませてしまう。続いて3人がお邪魔したのは少年野球クラブ。ここで宮川がノックを受けることに。しかし準備運動も全くしていなかったため、宮川の体が悲鳴を上げる。さらにその後訪れたお酢の専門店では、買い物のため様々な種類の酢を試飲するが、3人のリアクションがおかしなことに。

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:宮川大輔

map
タグ:宮川大輔

2019年2月22日(金)

▽陣内智則と新宮町をぶらり▽肉団子専門の弁当店で前日予約が必要な衝撃弁当▽趣味の域をはるかに超えた木工雑貨▽3人の前に現れた巨大な麩!圧倒的パワーに試食大苦戦!

ゲスト・陣内智則と新宮町を巡る。最初に訪れたのは、肉団子を専門にしたお店。そこで陣内が要予約のメニューを見つけるのだが、予約をしなければならない理由に一同爆笑。続いて、川沿いを歩いていたところ「雑貨」と書かれた小さな看板を見つけた3人。そこは木工品を扱う店でご主人手作りの作品を見せてもらう。そして先週の放送で購入した麩を食べるため、3人は福工大前駅周辺の飲食店に交渉することに。

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:陣内智則

map
タグ:陣内智則

次回放送内容

OA:2021.08.06(金)

サムネイル

今回は去年のM-1ファイナリスト、いま最も勢いのある若手コンビ・見取り図をゲストに迎え、飯塚市をぶらり。まずは夏の風物詩を学ぼうと飯塚の鎮守、曩祖八幡宮へ。そこで福岡通の華大も知らなかった意外な新事実が!?次に向かったのは、創業390年を超える銘菓の老舗。特別に工場を見学させてもらった一行は、ある特別な体験をさせてもらえることに。そして「食のテーマパーク」を自称する、物産館や寿司店が並ぶ巨大施設へ。新鮮なお魚を前に、その日の晩酌の事で頭がいっぱいの華大は衝動を抑えられず…。回転寿司店では、お店からの盛大なおもてなしに大興奮!

年別アーカイブ

地域

  • LINEで送る
ページの先頭へ