ページトップ
TNCメニュー

これまでの放送内容 【八女郡】

2021年5月28日(金)

▽ニューヨークと広川町をぶらり▽あまおうの人気の秘密公開▽アメリカ西海岸の雰囲気漂う巨大雑貨店で超レアなお宝が続々登場♪▽大絶叫!手作りフォレストアドベンチャー

今回はゲストにニューヨークを迎え広川町を巡る。まず訪れたいちご園では5種類のいちごを食べ比べ。なぜ「あまおう」がこれほど人気になったのか、その理由に4人は驚く。続いては視聴者からのリクエストで、開いている日をほとんど見たことがないというアメリカ西海岸の雰囲気が漂う場所へ。そこはレアなお宝が続々と出てくる雑貨店だった。その後訪れた農園では、スリル満点のフォレストアドベンチャーに挑戦!想像をはるかに超える施設に4人は絶句する。

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:ニューヨーク

サムネイル

2021年1月29日(金)

▽椿鬼奴&森三中・黒沢かずこと八女ぶらり▽今が旬のみかんを堪能!巨大選果場を見学▽八女名産の手すき和紙でうちわ作りに挑戦▽八女茶をカジュアルに味わうお茶まごと?

ゲストに椿鬼奴と森三中・黒沢かずこを迎え八女市を巡る。飲食店を営む親子と出会った4人はたこ焼きをいただく事に。すると息子さんが、華大も行ったことがある有名店の元料理長である事が判明。さらに母親が身につけていた最新機器に驚愕する。その後訪れたアンテナショップでは湯たんぽ靴という珍しい商品を発見。奇妙な履き心地に4人も思わず笑ってしまう。続いて八女市の伝統工芸館へ。ここで鬼奴と黒沢が手すき和紙作りを体験する。そして八女市はフルーツの名産地という事で、巨大選果場で集荷工程を見学。4人も驚く高糖度のみかんをいただく。

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:椿鬼奴、黒沢かずこ

サムネイル

2020年2月21日(金)

ずんと八女郡広川町をぶらり▽直売所で発見世界最大級のフルーツに一同驚愕!▽華大絶賛のソースにずんも大ハマり▽湯気が気になり過ぎる肉まん店&ねぎ盛り過ぎうどん登場

ゲストに華丸大吉と同世代の“ずん”の2人を迎え、八女郡広川町を巡る。まずは町の直売所へ。お店の方からぜひ見て欲しいフルーツがあるということで見てみると、想像を超える大きさに一同驚愕!続いて、以前も訪れた絶品からあげ店へ。華大絶賛の魔法のソースにずんの2人も大ハマり。そして、不思議な場所から出ていた湯気につられて立ち寄った肉まん店では、大人4人が大はしゃぎ。さらに、華丸オススメのうどん店で、ねぎが大盛り過ぎるうどんを堪能する。

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:ずん

タグ:ずん

2017年6月2日(金)

宮川大輔と広川町をぶらり▽食通の3人も初めて出会ううま~い珍味とは?▽なんしようと?史上最強!?のからあげが登場▽織元の跡継ぎ息子に華大が一言もの申す!

ゲストに宮川大輔を迎え、広川町を訪れる。ロケ開始早々、家の前に止まる古い車を発見。昭和53年式という往年の名車に感動する3人だが、それ以上に気になるものを見つけてしまう。その正体とは?さらに今回は、全国各地の美味しい食べ物を食べてきた3人にとっても新たな食の発見が。「さわがに」を使った珍味の発見や「せんべい」と「せんぺい」の違いの謎など、初めての出会いに大興奮!そして、2人が番組で着ている法被をつくってもらった久留米絣の織元を訪問。あらためて久留米絣のすごさを実感!!しかし、織元の跡継ぎ息子を華大が一喝!その理由とは?

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:宮川大輔

map
タグ:宮川大輔

2015年11月20日(金)

千原せいじと広川町をぶらり▽久留米絣工場見学!戦前からある織り機に感動▽花の集荷場で謎の機械を発見▽せいじが語る!アフリカの姿に華大驚愕▽本格韓国料理を堪能!

ゲストに千原せいじを迎え広川町を訪れる。まず初めにガーベラの集荷場を訪れた3人。そこで普段目にしない不思議な機械を発見。美しい花をよそにその機械に興味が向けられてしまう。続いては若者が営むいちご農園へ。すると知り合いからいただいたというシシ肉を調理している真っ最中。手づかみで豪快に試食する。久留米絣工場では戦前からあるという貴重な機織りにせいじが興味津々。また、道中のトークでは、せいじがアフリカについて語るのだが、私たちが知らない意外なアフリカの姿に華丸・大吉も驚愕する。そして番組後半で、華丸・大吉25周年特番の全貌も明らかに!

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:千原せいじ(千原兄弟)

タグ:千原兄弟

次回放送内容

OA:2021.08.06(金)

サムネイル

今回は去年のM-1ファイナリスト、いま最も勢いのある若手コンビ・見取り図をゲストに迎え、飯塚市をぶらり。まずは夏の風物詩を学ぼうと飯塚の鎮守、曩祖八幡宮へ。そこで福岡通の華大も知らなかった意外な新事実が!?次に向かったのは、創業390年を超える銘菓の老舗。特別に工場を見学させてもらった一行は、ある特別な体験をさせてもらえることに。そして「食のテーマパーク」を自称する、物産館や寿司店が並ぶ巨大施設へ。新鮮なお魚を前に、その日の晩酌の事で頭がいっぱいの華大は衝動を抑えられず…。回転寿司店では、お店からの盛大なおもてなしに大興奮!

年別アーカイブ

地域

  • LINEで送る
ページの先頭へ