ページトップ
TNCメニュー

これまでの放送内容 【飯塚市】

2021年8月6日(金)

▽初登場「見取り図」と飯塚市をぶらり▽飯塚・夏の風物詩を学ぶ▽創業三百九十余年!銘菓の老舗▽意外すぎる〇〇のカプセルトイ▽華大興奮のテーマパークで見取り図困惑

今回は去年のM-1ファイナリスト、いま最も勢いのある若手コンビ・見取り図をゲストに迎え、飯塚市をぶらり。まずは夏の風物詩を学ぼうと飯塚の鎮守、曩祖八幡宮へ。そこで福岡通の華大も知らなかった意外な新事実が!?次に向かったのは、創業390年を超える銘菓の老舗。特別に工場を見学させてもらった一行は、ある特別な体験をさせてもらえることに。そして「食のテーマパーク」を自称する、物産館や寿司店が並ぶ巨大施設へ。新鮮なお魚を前に、その日の晩酌の事で頭がいっぱいの華大は衝動を抑えられず…。回転寿司店では、お店からの盛大なおもてなしに大興奮!

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:見取り図

サムネイル
タグ:見取り図

2020年10月2日(金)

▽M-1王者ミルクボーイ初登場!飯塚駅周辺をぶらり▽ご当地グルメをPRする熟女アイドル▽サーカス団のテントに潜入▽白熱のクワガタ相撲対決▽酒場!?で(秘)トークさく裂

今回はM-1王者のミルクボーイをゲストに迎えて飯塚駅周辺をぶらり。精肉店を発見した一行は、飯塚のご当地グルメをPRする熟女アイドルの話題で大盛り上がり。そして、たまたま飯塚に来ていたサーカス団に遭遇し、超人的なパフォーマンスを見せてもらう。豆腐店では自慢の厚揚げを紹介されるも、その商品名に引っかかってしまう。そして、クワガタ専門店では華大とミルクボーイがそれぞれ選手を選び、クワガタ相撲大会を実施。白熱の展開に大興奮!その他、ミルクボーイの下積み時代の話やM-1優勝秘話など、エピソードトーク満載。さらに、非売品の番組特製グッズが当たるdボタンクイズ企画も。

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:ミルクボーイ

2020年4月10日(金)

▽かまいたちと飯塚市をぶらり▽レトロなプラモデル店のお宝に大吉が興奮▽味噌工房で山内が謎の歌を熱唱▽祝50歳!華丸が〇〇を購入▽酒好きが喜ぶセレクトショップとは

ゲストにかまいたちを迎え飯塚市を巡る。訪れたのはレトロ感満載のプラモデル店。昔懐かしい商品に一同盛り上がる中、ひとり濱家だけが浮かない顔に。彼のつらい過去とは?続いては味噌を使った商品を扱う工房へ。そこで山内が不思議な歌を披露し周囲を戸惑わせる。さらにアーケード商店街では最近老化を感じるという華丸が、あるものを買う事を決意。するとその店に「大吉にどうしてもお礼が言いたい」という女性が。大吉の男前すぎる一面が明らかに!?

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:かまいたち

2019年5月31日(金)

ココリコと飯塚市をぶらり▽建具店のご主人の名前に困惑!?▽不思議な人形を発見!ご本人登場で一同爆笑▽純朴ギター少年と河川敷へ▽華大絶賛のあの牛肉と運命の再会

先週に引き続き、ココリコをゲストに迎えて飯塚市へ。ロケ開始早々、たまたま出会った建具屋さんのご主人と立ち話。別れ際、表札に目がいくと、その苗字が気になって…。その後、路上で不思議な人形を発見した一行は、その持ち主らしき不動産店を訪ねる。すると、人形のモデルになった人物がもうすぐ帰ってくるとのこと。その再現度やいかに!?さらに、以前ロケで出会った絶品牛肉と運命の再会。「絶対に食べたい!」と華大の鼻息が荒くなるが…!?

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:ココリコ

map
タグ:ココリコ

2018年10月12日(金)

▽中川家と飯塚市をぶらり▽お笑い大好き!お父さんと礼二の爆笑コラボ漫才▽ド迫力!クワガタ相撲▽謎の張り紙だらけの怪しい精肉店▽惣菜試食で華丸が食へのこだわり披露

ゲストに中川家を迎え、飯塚市を巡る。かつて炭鉱住宅があったエリアを歩いていた4人は小さなスーパーを発見。そこで鮮魚店を営むご夫婦と出会い町の歴史を伺う。その後、お茶屋さんがあると教えてもらい向かうと、ちょうど外出しようとしていたご主人と遭遇。お笑いが大好きだというご主人が礼二と意気投合。爆笑トークを繰り広げる。続いて訪れたのは入口に黒豚がいるクワガタ専門店。超巨大クワガタの迫力ある戦いに4人も大絶叫する。

出演者:博多華丸・大吉 ゲスト:中川家

map
タグ:中川家

次回放送内容

OA:2021.10.29(金)

サムネイル

ミルクボーイと自然豊かな豊前市をぶらり。豊前生まれのブランドいちじく「とよみつひめ」を栽培する畑を訪問しいちじく狩りを体験する。江戸時代から続く老舗醸造元では、丸くて可愛い味噌汁を堪能!道の駅で大人気のごま油の製造所は民家!?製品ができるまでを見学し、奥深きごま油の世界を知る。さらに、ミルクボーイにピッタリのパワースポットを訪問。地元で語り継がれている霊水を味わう。

年別アーカイブ

地域

  • LINEで送る
ページの先頭へ