天気情報・TNC NEWS

スポーツ

ソフトバンク19人のルーキーが顔をそろえる 異例の大所帯で合同自主トレスタート

 ソフトバンクの新人合同自主トレーニングが10日、ファーム本拠地の福岡・筑後で始まった。

 支配下選手はドラフト1位の風間球打投手(18=秋田・ノースアジア大明桜高)ら5人、昨秋の育成ドラフトで史上最多となる14人が指名された育成選手14人も含め計19人が参加。背番号と名前が記されたゼッケンをつけた選手たちがメイン球場のタマホームスタジアム筑後に顔をそろえ、かつてないほどの大所帯でのスタートとなった。

 選手たちはウオーミングアップに続いてキャッチボール、ノック、ダッシュなどのメニューに臨み、時折きつそうな表情を浮かべながらも無事に初日を終了。風間はキャッチボールでは同学年のドラフト3位、木村大成投手(18=北海道・北海高)とペアを組んだ。

 ソフトバンクの新人合同自主トレは29日まで行われる。

(取材=副田瑞樹、城大瑛)

関連記事

YouTubeももスポチャンネル最新動画

ももスポチャンネル

新着記事

記事一覧 スポーツトップへ戻る

サイト内検索

注目ワード:ゴリパラカレンダーつながるここから

オススメ番組

お知らせ

ステーションイメージ

サイト内コンテンツ

番組公式サイト

ニュース・天気

スポーツ

イベント・試写会

企業情報

ページのトップへ