天気情報・TNC NEWS

スポーツ

連覇遠のいてもソフトバンクは諦めない 「ドン・キホーテ作戦」から逆転に成功

 ◇ソフトバンク-ロッテ(15日・ペイペイドーム)

 前日に自力優勝が消滅したソフトバンクが王者の底力を見せて3点差をひっくり返した。

 初回、先発スチュワートが先制の1点を奪われ、3回も2失点でこの回限りで降板。ロッテとの勢いの差を見せつけられるような立ち上がりとなったが、この後から反撃を開始した。

 3回、9番今宮が左翼への二塁打。続く1番牧原大が放った遊撃へのゴロで進塁を目指したがエチェバリアの好フィールディングで三塁憤死した。嫌な流れが漂う中、柳田が美馬の初球を右中間テラス席へ運ぶ26号2ラン。この時点でリーグトップのオリックス杉本に再び並ぶアーチとなり、ベンチの空気を一変させた。

 柳田は「少し詰まりましたがオーバーフェンスとなり良かった。栗原選手から教えてもらったドン・キホーテ作戦のおかげだと思います。(14日の)初戦を取られてしまったがとにかく今日の試合を勝てるように」とコメントした。頑張っていき

 ソフトバンクは4回にデスパイネが25日ぶりのアーチとなる3号ソロで同点。さらに今宮の適時打で逆転に成功し、美馬を降板に追い込んだ。

YouTubeももスポチャンネル最新動画

ももスポチャンネル

関連記事

新着記事

記事一覧 スポーツトップへ戻る

サイト内検索

注目ワード:ゴリパラカレンダーつながるここから

オススメ番組

お知らせ

ステーションイメージ

サイト内コンテンツ

番組公式サイト

ニュース・天気

スポーツ

イベント・試写会

企業情報

ページのトップへ