天気情報・TNC NEWS

スポーツ

7、8、9回と絶好機に得点できず 1点止まりのソフトバンク6戦勝ちなし 

 ◇ソフトバンク1‐1ロッテ(16日・ペイペイドーム)

 4連敗中のソフトバンクは打線が絶好のチャンスを生かせずこの3連戦0勝に終わった。

 初回の好機で柳田が先制の二塁打。負ければロッテに優勝マジックが点灯する可能性がある試合で主砲が意地を見せたが、その後は二木の前に沈黙した。

 先発のマルティネスは中5日で奮闘したが1-0の7回にこらえきれず同点。それでも勝ち越しは許さず移籍後最多の120球でチームを鼓舞した。

 7回の好機で本塁を狙った甲斐がアウトとなり、同点のまま迎えた8回、1死満塁で今宮が浅めの右飛。代走で出場していた上林が三塁からタッチアップしたが本塁への送球を見て慌てて途中で三塁へ引き返したものアウト。工藤監督のリクエストも実らず勝ち越し点は奪えなかった。

 9回の攻撃でも2死二塁から川島が左前打、代走釜元が一気にホームに突っ込んだがアウト。7、8.9回と好機を築きながら得点できなかったソフトバンクは今季19度目の引き分けとなった。

 オリックスが勝ちロッテにマジックは点灯しなかったが、首位と4位の勢いの差をまざまざと見せつけられる形で6戦勝ちなしとなった。

関連記事

YouTubeももスポチャンネル最新動画

ももスポチャンネル

新着記事

記事一覧 スポーツトップへ戻る

サイト内検索

注目ワード:ゴリパラカレンダーつながるここから

オススメ番組

お知らせ

ステーションイメージ

サイト内コンテンツ

番組公式サイト

ニュース・天気

スポーツ

イベント・試写会

企業情報

ページのトップへ