天気情報・TNC NEWS

スポーツ

ソフトバンク8年ぶりBクラス迫るサヨナラ負け 8、9回いずれも満塁から失点

 ◇楽天2‐1ソフトバンク(13日・楽天生命パーク宮城)

 リーグ連覇が完全消滅したソフトバンクが3位楽天との直接対決で敗れ、大逆転でのクライマックスシリーズ(CS)進出が遠のいた。

 ともに10勝目が懸かる両チームの先発、マルティネスと早川の投げ合いで6回まで0-0。ソフトバンクは7回先頭のデスパイネが選んだ四球から好機を築き、2死三塁から甲斐がこの試合2安打目となる中前打で先制した。

 7回無失点のマルティネスに続いて、8回は嘉弥真、さらに板東へ。途中出場で三塁を守っていた高田の失策もあり招いた1死満塁のピンチで鈴木大に犠飛を許し同点に追いつかれた。この時点でマルティネスの10勝目はなくなり、日本ハム時代の2018年以来となる2桁勝利は次回登板へ持ち越しとなった。同点のまま9回は守護神森がマウンドへ上がったが、1死満塁で岡島にサヨナラ打を浴びた。

 逆転負けで再び借金5となったソフトバンクは残り8試合で楽天と6ゲーム差、楽天との直接対決は残り3試合。15日にもCS進出が消滅し8年ぶりのBクラスが確定する状況に追い込まれた。

関連記事

YouTubeももスポチャンネル最新動画

ももスポチャンネル

新着記事

記事一覧 スポーツトップへ戻る

サイト内検索

注目ワード:ゴリパラカレンダーつながるここから

オススメ番組

お知らせ

ステーションイメージ

サイト内コンテンツ

番組公式サイト

ニュース・天気

スポーツ

イベント・試写会

企業情報

ページのトップへ