天気情報・TNC NEWS

スポーツ

ソフトバンク「勝ちパターン」機能しないまま今季終了へ 8回の男モイネロ一時帰国

 ソフトバンクは7日、リバン・モイネロ投手(25)の出場選手登録を抹消した。6日朝に申し出があり、家族の都合でキューバへ一時帰国するという。モイネロに代わって津森が1軍昇格した。

 球団を通じ「シーズン終盤の大切な時期にチームを離れることになってしまい、申し訳ない気持ちです。残り試合も少なくなってきましたが、今後のチームの勝利を祈っています。一日でも早くチームに戻って来れるようになることを願っていますし、その日に向けて、私ができることを続けていきたいと思っています」とコメントした。
 
 後半戦のスタートから左手首の違和感で離脱していたセットアッパーは、9月15日に1軍復帰。主に勝ち試合、僅差の試合の8回を投げていたが、10月6日の楽天戦では3点ビハインドの8回に登板して1死も取れず降板していた(2失点)。今季ここまでの成績は33試合で1勝5セーブ14ホールド、防御率1・15。

 現在4位で自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出が6日に消滅したソフトバンクは、残り14試合で現時点での最終戦は24日楽天戦。球団によるとモイネロは現時点でキューバ帰国後に7日間、再来日後に10日間の隔離期間が見込まれるためレギュラーシーズン中のチーム再合流は絶望的となった。

 ソフトバンクは救援陣に故障、不振による離脱者が相次ぎ、4月末から9月にかけては抑えの森が長期離脱。現在は岩嵜が不振で再び2軍降格となっており、勝ちパターンの基本だった「岩嵜ーモイネロー森」がほとんど機能しないまま、8年ぶりのBクラスが現実味を帯びてきている。

関連記事

YouTubeももスポチャンネル最新動画

ももスポチャンネル

新着記事

記事一覧 スポーツトップへ戻る

サイト内検索

注目ワード:ゴリパラカレンダーつながるここから

オススメ番組

お知らせ

ステーションイメージ

サイト内コンテンツ

番組公式サイト

ニュース・天気

スポーツ

イベント・試写会

企業情報

ページのトップへ