天気情報・TNC NEWS

スポーツ

ソフトバンク1位指名は風間球打 本番2日前、西武に続き2球団目の公表

  ソフトバンクは11日に行われるドラフト会議で最速157キロ右腕、秋田・ノースアジア大明桜高の風間球打(かざま・きゅうた)投手を1位で指名することを決めた。9日、王貞治球団会長が公表した。

 ソフトバンクは2017年から昨年までのドラフト会議で最初に1位で指名したのはすべて内野手。世代交代を進める上での明確な意図があったがいずれも重複抽選でくじを外していた。

 昨年はドラフト会議前日に佐藤輝明(近大→阪神)の1位指名を球団幹部が明かしており、1位指名の公表は2年連続。最初の1位指名が高校生投手は2015年の高橋純平(県岐阜商高)以来となる。

 今年のドラフト会議に向けては8日に西武が西日本工大の左腕、隅田知一郎投手の指名を明言。12球団最速で1位指名を公表している。

関連記事

YouTubeももスポチャンネル最新動画

ももスポチャンネル

新着記事

記事一覧 スポーツトップへ戻る

サイト内検索

注目ワード:ゴリパラカレンダーつながるここから

オススメ番組

お知らせ

ステーションイメージ

サイト内コンテンツ

番組公式サイト

ニュース・天気

スポーツ

イベント・試写会

企業情報

ページのトップへ