天気情報・TNC NEWS

スポーツ

ソフトバンク2位正木、いきなり「3番」でデビュー 左肩負傷の柳田に代わって初昇格

 ソフトバンクのドラフト2位ルーキー、正木智也外野手(22)が7日、プロ入り後初めて出場選手登録された。左肩を痛め登録を外れた柳田と入れ替わっての昇格で、同日のオリックス戦(ペイペイドーム)に先発出場する。試合前に藤本監督が3番での起用を明言した。

 慶大から即戦力候補として入団した正木は春季キャンプでA組(1軍)スタートしたものの右肘痛で途中離脱。出遅れが響き開幕1軍には入れなかったが、2軍戦13試合で打率2割9分4厘、2本塁打とアピールを続けていた。

 長谷川打撃コーチはいきなりクリーンアップの3番での起用について「将来ゆくゆくは(主軸を)打ってほしいという願いもある。若い選手でチームを盛り上げてほしい」と語った。

 5日のオリックス戦で走塁中に左肩を痛めた柳田は翌6日の同カードを欠場。同日の外野の布陣は左翼がプロ初スタメンの野村勇、中堅が真砂、右翼が中村晃だったが、藤本監督は7日は牧原大を先発起用することを明かした。

関連記事

YouTubeももスポチャンネル最新動画

ももスポチャンネル

新着記事

記事一覧 スポーツトップへ戻る

サイト内検索

注目ワード:ゴリパラカレンダーつながるここから

オススメ番組

お知らせ

ステーションイメージ

サイト内コンテンツ

番組公式サイト

ニュース・天気

スポーツ

イベント・試写会

企業情報

ページのトップへ