天気情報・TNC NEWS

スポーツ

ソフトバンク田上が明かすデビュー戦秘話 19歳の好投を支えた「松田さん」と「おっちゃん」

 ソフトバンクの田上奏大投手(19)が23日の日本ハム戦(札幌ドーム)でプロ2度目の登板に臨む見通しとなった。初登板初先発した12日のロッテ戦(長崎)では6回途中まで投げて2安打無失点。打線の援護なく勝ち星はつかなかったが鮮烈なインパクトを残した。投手歴2年足らずで1軍のマウンドに立った2年目右腕が、次回登板を前にデビュー戦の知られざる「秘話」を明かした。

 大阪・履正社高ではもともと外野手だったが3年時の6月に本格的に投手へ転向。実績がほとんどない中で最速151キロを計測し、ソフトバンクは潜在能力の高さに期待して支配下で指名した。入団1年目のオフに育成契約となったものの、キャンプからアピールを続けた今年は2軍の開幕投手に抜てきされるなど急成長。今月7日に支配下へ返り咲くと、5日後の1軍初舞台で堂々の好投を披露した。

 「投げる前は緊張していたけど、マウンドにいったらそこまで緊張せず自分が思っていたより落ち着いて投げられた。今の自分のレベルからすると満点と言った方がいいと思います」

 マウンドで真剣に打者と向き合う姿とは対照的に、ベンチへ戻る際やバックが攻守で盛り立ててくれた際の無邪気な笑顔も話題となった。そんなデビュー戦の支えとなったのが、この試合で一塁を守っていた大ベテランだ。

 「松田さんが毎イニング、投げる前にマウンドに来てくださって、ものすごく助かりました。『作戦はなし!』みたいな声を毎回掛けてくださった。おかげで、笑顔で投げることができました」

 スタンドで見守っていた叔父でソフトバンクOBの田上秀則さんからは試合後に「めちゃくちゃカッコよかった」と声を掛けられたという。小、中学校時代、野球の指導を受けた時には普段の優しい顔が一変。「センスがない」と叱咤されるなど厳しい思い出も多かっただけに、今回の絶賛の言葉が持つ重みをしみじみとかみしてめいる。

 「おっちゃんにはあまり褒められることがなかったのでうれしかった。厳しくされたけど、そのくらい言ってもらったから今がある。大阪からわざわざ見に見てくれてうれしかったし、おっちゃんにカッコ悪いところは見せられなかった」

 その”おっちゃん”こと秀則さんは「いつも奏大の記事には『叔父が田上秀則』だという名前が出てくる。その名前が出てこないように、たくさん結果を出してほしい」と期待する。デビュー戦の好投により、次の登板も内定。将来はエース千賀のような存在になりたいという19歳は「チームが苦しい時、絶対に勝ちたいというゲームで、一番最初に名前が出てくるような、頼られる投手になりたい」と自らが進む道を思い描いた。

 (取材=大和拓未/TNC「ももスポ」19日オンエア・YouTube「ももスポチャンネル」より)

関連記事

YouTubeももスポチャンネル最新動画

ももスポチャンネル

新着記事

記事一覧 スポーツトップへ戻る

サイト内検索

注目ワード:ゴリパラカレンダーつながるここから

オススメ番組

お知らせ

ステーションイメージ

サイト内コンテンツ

番組公式サイト

ニュース・天気

スポーツ

イベント・試写会

企業情報

ページのトップへ